大人の社交場で一攫千金のチャンス

大人の社交場で一攫千金のチャンス

1995年ごろにはじめて実の所現れたオンラインカジノですが、その数2000種類といまとなってはいわれてます。でも、そこは仮想空間とはいえ本物のカジノとおなじです。

「一攫千金」目指し、あるいはお「小遣い稼ぎ」に世界のかれこれな場所のギャンブラーとかビギナーが、日夜集まってる仮想空間のカジノなのデス。何十万、何百万、何千万円という現金を大勝ちすれば手に入れる事が出来る、仮想空間のカジノなのです。

でも、相手はオンラインカジノって言う事はコンピュータですよね?相手はいくらでもイカサマできるんじゃないの??なんて勘繰る方も一方ならぬと思います。悪質なカジノが中には存在をする事も事実ですし、毎日通いたくなるカジノも存在しています。

それで、そのまんま、オンラインカジノと言うのはオンライン上のカジノです。何の得にもならないコインを集めてもゲームセンターのコインゲームじゃあるまいし、仕方ありません。

「外国のネットカジノなんて信用できないよ、日本の法律で宝くじは認められているし信頼度が銀行が運営してるわけだから違うよ」、という方も何といったって一杯です。勿論勝てば現金を手し出来ます。

でもネ、カジノってなかなか秀逸気丈夫してるんデスよ。そうですね、それはきっと宝くじくらいではないでしょうか。

アナタはオンラインカジノって知っていますか?ルーレットにスロットマシーン(勿論スロットとは全く違います)、ポーカーにブラックジャックなどで驚きの一攫千金のチャンスがある大人の社交場、大人の遊び場、カジノというそれが場所です。皆さんココまで話しでもずいぶん信用をしてくれません。

モナコやラスベガスにマカオ、またまたカジノといえば石原慎太郎都知事が「お台場にカジノを」なんていっていましたが、まさしくそれデス。チューリップに手ではじいて入ればいくら、なんて時代じゃあるまいし、全てを運に任せたギャンブルなんて今どき存在しません。

でもパチンコやパチスロも今の世界全部コンピュータ制御ですよね。。


ホーム RSS購読 サイトマップ