お墨付きを英国領などの政府からもらって運営

お墨付きを英国領などの政府からもらって運営

ホテル王ヒルトン。ヒルトングループやヴァージングループも聞いたところではカジノ経営に乗り出しているとのことです。

「きちんとしている」とそのように考えればわかるかと思います。株式上場を日本のゲーム会社でしてるレベルといえば限られます、大手のみですよね。

さすがネットというかとっても便利な世の中になりました。もちろん競馬競艇などの「公営ギャンブル」以外は日本の法律では「いちおう」違法ですので、残念ながら日本には存在しません。

まぁ強堅気が銀行といえしますけど、ボロイ儲けをそれだけしてるようですし、どうも公営と言うだけあり、公営ギャンブルも利権やらなんやらそのようなイメージがつきまとうのも事実。英国領のカジノで遊んで日本に居ながらにして、お金を稼ぐ事が出来る、そのようなしくみな訳です。

までもが進出と、目の付け所がやはり違ったようです(と、念の為にほめておきます)。大まかに言うと運営会社と、そのソフトを供給してる会社、さらに決済を管理している会社が集まってオンラインカジノの場合、構成をされてるようです。

ジブラルダルやマン島など、多くの優良カジノは英国領などの政府からお墨付きをもらって運営されています。今でも売ってる様ですけど見た事ありません。

航空会社やCD屋のイメージがヴァージンと言えばわたしの中では壮健のですけど、コーラを数年前ド派手に売り出して、プロモーションにリチャード・ブランソン氏が来日してと力を入れていた事がありましたが、如何になったんでしょうか?各都道府県とか地方自治体などが運営し、宝くじならそのギャンブルを我々から集めたお金を元に運営しています。オンラインカジノにあのヴァージングループやヒルトン。

と脱線をしましたがそうです。さらに、各国の株式市場に上場をしている各種カジノゲームのソフトを作っている会社は、キチッとした会社が多く、それも安心するところではあります。


ホーム RSS購読 サイトマップ